2019年-3月20日夜。もうすぐ21日になろうとしていた時、
ZEIT Now(now.sh)から通知を受け取りました。

ええええええええ、Now の公開コマンドが変わった!!?

今までは公開するフォルダ(ディレクトリ)に移動して

now
now alias

と入力して公開していたんですね。それが

now --target production

と 1 コマンドで公開できるようになりました。

Powershell での実行

長いコマンドで覚えにくいよ~って FEEDBACK に入れておきました。

変えた理由も ZEIT メンバーより直接いただいていて、
プロジェクト内で同時に複数のビルドを行っている場合、
now alias は最新のビルドを公開しようとするため、
タイミングで意図しない内容が公開されてしまう問題がありました。
この対策として 1 コマンドで公開できるようにする事で、
目的の内容を確実に公開できるようにした、との事です。

加えて一つ注意があります。●●●.now.sh を使用していた場合、
now.json が .now.sh のない “●●●” のみだと失敗するようになりました。
フル表記 “●●●.now.sh” に変更して下さい。
まだ now alias は機能しているので、とりあえず now alias で回避する方法もあります。

{
  "version": 2,
  "name": "●●●",
  "alias": "●●●.now.sh"
}

最低限だとこんな感じ。
動的ファイルを使っていれば、いろいろ項目を増やしているでしょう。

不具合として良いような気がするのですが、
もしかすると ●●●.now.sh をなくそうとしている感じもしていて、
現在 ZEIT メンバーに報告・確認中です。

この公開から 1~2 時間ほどで日本語での解説ページを更新していました。
その後一眠りして、更に細かく更新し、ようやく落ち着きつつあります。
現在 Now を使っている人も、はじめて使う人も、ご確認いただければと思います。


上の画像内では

hugo;cd public;now --target production;cd ..

としていますが、public フォルダを公開する場合
now --target production public とできる事が分かりました。
つまり、

hugo;now --target production public

で同じ動作になります。cd 不要になりました。
Windows PowerShell なので ; 区切りです。
コマンド プロンプトは & 区切り、Mac など他の OS は && 区切りです。