Git Advent Calendar 2018 - 14 日目

いきなり登場の ふうせん🎈 Fu-sen. でございます。はじめまして。
ブログを公開するために Git 使う必要がある人です。
でも、本日はあえて git コマンドを出さず、リポジトリ周りの話です。

GitHub Pages、リポジトリ公開のソースから Web サイトを公開する仕組み、
独自ドメインも SSL が効くようになり、それで十分という人もいますが、
GitHub Pages に不満を持っている人もいるかもしれません。
今回は別のサービスと連携し、GitHub などへ git push する作業は変わらずに
別のサービスを経由して Web サイトを公開する方法を紹介します。

独自ドメインでなくてもいいけど、アドレスを少しでも短くしたい

GitHub Pages ではユーザーやプロジェクトだと https://アカウント.github.io/
それにリポジトリが付くと https://アカウント.github.io/リポジトリ/ となります。
ちょっと長くなってしまうんですよね。

そこで ZEIT が提供している Now を紹介したいと思います。

Now 本来の操作はコマンドラインから now コマンドを用いて公開するのですが、
GitHub 連携にも対応しています。「START WITH GITHUB」で連携します。
公開アドレスは https://●●●.now.sh/ 。短くて、そのまま使っても良さそうでしょう?
独自ドメインも設定可能で、SSL 対応。ここまで完全に無料です。
Now は今年 PHP・Node.js・Python・Go などの動的ファイルにも対応しました。
ただし動的ファイル(およびファイル変換)は無料で行える回数に制限があります。
お問い合わせフォームの動作なら使えそうですね。

あとはこんな感じの now.json を生成するだけ。

{
  "version": 2,
  "name": "●●●",
  "alias": "●●●"
}

name は不要なのですが、
手動でコマンドラインから now を実行する時は付けておくと良いですよ。

now.json があるリポジトリに対して Now が反応してデプロイしてくれます。
commit に Now の bot がコメントを付けてくれます。
サンプルのリポジトリ git-to.now.sh を用意していますよ。

なお、now のコマンドライン操作も含めて、日本語解説ページを作ってあります。

他の選択肢

動的ファイルでアプリ公開できる Heroku も GitHub 対応、
Docker Hub を用いた Arukas は Docker Hub を GitHub・Bitbucket 連携にして使えます。
同じように Docker などを使用できる WeDeploy というのもあります。
GitLab そのものもデプロイ機能を有します。気になる人はこの辺も試してみて下さい。


Git Advent Calendar 2018

追記 2019/02/05

ここでは別のサービスを公開していたのですが、
長期間使用していた Web サイトであるトラブルに遭遇し、
この問題が数ヶ月改善できない状態を確認しているため、
推奨できないという事で記載を削除しています。