さくらインターネット Advent Calendar 2018 - 5 日目

いきなり登場で、はじめまして。
さくらインターネット さんとは付き合いが長くて、
以前は自営業でレンタルサーバを提供していたのですが、
これに 専用サーバ を使ってました。FreeBSD が主流でしたね。
まだ さくらのVPS も提供されていない時代です。

さて、自分が現在特に活動しているのは IchigoJam 関連であります。

さくらインターネット さんと IchigoJam との接点といえば、IchigoSoda がありますね。

そんな関係もあり、せっかくだから IchigoJam 関連で
さくらインターネット さんのサービスを使ってあげたい!と思っていたわけです。
しかし、それには一つ問題がありました。

まともなサービスを契約する金銭的余裕がない。

さくらのレンタルサーバ ライト の月 129 円でさえも契約に悩む状況。
だって今自分が運営している Web サイト、全部無料で使ってますもん。
契約してもテキストファイル 1 ファイルアップロードして MixJuice SSL テスト に追加して、
HTTP/2 対応だから MixJuice 1.2.1 以前は見れなくなってるね~
……っていう確認する事しか使用方法がありません。これで月 129 円はもったいない!

……どうにか使えるサービスはないか。お試しではなくて、無償でずっと使えるとかそういうの。

……

……カタカタ(調べ中)……

……

……カタカタ……

……

……カタカタ……

……

……カタカタ……

……

……カタカタ……

……

……あ、

これこれ!

あるじゃないですか。完全無料!! Arukas を使ってみましょう。

まずは Docker アカウントを登録し、Docker をインストール。
Docker Hub で使えそうなものはぁ……

php-apache であれば、PHP が動作する Web サーバがすばやく運用できますね。
簡単な PHP を動かせれば良いんです。
User Agent を出力するとか、パラメータ受け取ってコマンド返すとか。
ファイルの更新を行う処理は一切ないので、Arukas の Free プランはちょうど良いのです。

FROM php:7.2-apache
COPY www/ /var/www/html/

Dockerfile はこれだけで OK。
ここでは安定重視で php のバージョンを入れていますが、
php:7.2-apache を php:7-apache にすると、
Docker Hub→Arukas の更新で PHP 7.x の最新安定版へ更新されるようになります。

あとは www フォルダに index.html とか .php とか .htaccess とか、突っ込めば良いんです。
もちろん普通に PHP が動作する Web サーバ なので、画像・JS・CSS も入れて使えますね。

こうして Arukas Free プラン を用いて立ち上げました。

Docker Hub を経由しているので、Docker Hub も同じ情報で公開されています。

balloonvendor/mjp.arukascloud.io | Docker Hub

Free プランなので、Docker Hub は公開する必要があります。
Docker Hub は GitHub からの自動ビルドにする事で、
git push をすれば Arukas でコンテンツを更新できます。
GitHub 公開であれば PHP もソースが見えるので、使う人も安心ですし、
問題があれば報告も期待できます。

IchigoJam BASIC+MixJuice から Arukas の PHP を実行しました。

?"MJ GETS mjp.arukascloud.io/ua.php

ドメイン名は arukascloud.io。無事に動作しています。

MixJuice 向けの表示になっていますが、Web ブラウザでも参照できます。
https://mjp.arukascloud.io です。何も対応していないのに SSL で参照できます。
常時 SSL も Arukas はバッチリです。

この構成だと Heroku や ZEIT Now が他のサーバ候補になりますが、
Heroku は無料だと実行がない状態が続けばスリープに入る可能性があり、
Now は無料で実行する回数に制限があります。
Arukas はこれらの制限がありません。その点メリットがあります。

VISA デビット で登録したところ 50 円引き落としが発生。
おそらく仮決済を実行しているので、
デビットカードだとそのタイミングで口座引き落としが発生します。
他のインスタンスを起動しなければ、後に 50 円は返ってくると思うのですが……
この 50 円は今自分が運営している Web サイトで唯一支払った金額です。これ重要。

今は PHP アクセスを他サーバから接続する仕様にしているのですが、
15ja.ml を完全に Arukas 運用にしても良いような気がしています。
でも MixJuice SSL テスト でも使用しているので、もう一つインスタンスが欲しいところです。

いずれにしても さくらインターネット さんのサービスを用いて
IchigoJam 関連のコンテンツを提供する事ができました。
いずれ儲かったら IchigoSoda+sakura.io モジュール の入手はもちろん、
さくらのレンタルサーバ か さくらのVPS 辺りは使いたいところです。安心ですもん。

p.s. SAKURA.Jam ほしいです。よろしくお願いします。


追記 2019/01/03

50 円返金

ジャパンネット銀行 の JNB Visa デビット で支払っていたので、
50 円引き落とされていたんですね。
(デビットカードは仮決済で口座から引き落とします)
Free プラン のみを使用していましたので、50 円ちゃんと返金されていました。


さくらインターネット Advent Calendar 2018