また一つサイト公開です。

CLI で Web 公開できるサービス Surge の簡単な日本語手順を紹介したものです。

実際に慣れてきた Hugo を使って構築し、Surge で公開しているのですが……
……公開までの手順を見てくださいよ。

画像

繰り返し入力してるのはこれだけですよ。

hugo
surge public

hugo コマンドで public/ 内に公開する HTML などができるので、
surge public でサーバにアップロードしてます。その繰り返し。
hugo コマンドも surge コマンドも数秒で終わってます。快適です。
こういった hugo などの静的サイトジェネーターとの相性が良いですね。

実際のところ日本では Surge より似たようなサービスの Now を使っている人が多いみたい。
おそらくネーミング・ドメイン名のインパクトで使用している人が多いようなのですが……
Surge は最初からサブドメイン(●●●.surge.sh)を決められる利点があります。
(Now は固定アドレスにしたい場合 now → now alias とする必要がある)

追加情報